3つの教えの1つ 小善は対悪に似たり、大善は非情に似たり

こちらはノーコンチャンネルの本編ではなく、商売の考え方で必要なマインドセットのお話です。

これは仏教の教えの一つなんですが僕が最も大事にしている3つの教えの一つです。

小善は対悪に似たり、大善は非情に似たり

動画でもお話していますが、どんな意味かというと、小さな善行はその相手にとって、大きな悪である可能性があり、大きな善行はその相手や周りから非常に見えるって事なんです。

僕が書くよりももっと詳しく書いてる人は多いと思いますので詳細はほかのところで見たほうが良いかもしれませんがww

実際の小さな善行だと、友人にお金を貸せるとか、様々なことがありますが、お金の貸し借りが元で喧嘩になる事ってあると思うんですよね。

相手に良かれと思ってやったことが、小さい善行で、結果友達ではなくなってしまった。とても悲しい事です。

実際僕にもこんな経験はたくさんあるわけですが、酷いときはそれが元で400万円くらいの出費につながった痛い経験があるわけです。

また、仲良くやっていたはずの提携先業者様へ、来月でいいですよを繰り返した結果、料金を支払ってくれないその提携先様と6か月後にはとても不仲になったという痛い思い出があります。

商売をしていく上でぼくはとってもだいじにしていますが、こういうのをマインドセットといいますね。

ちなみに教えというのは3000年前くらいからずっと続いてきてたりします。

要するにそれは正しい事だったからずっと残っているわけです。

私個人で正しいと思っているわけでなく、僕も先生に教わりこうして人に語り継いできているわけです。

商売とは正しいから稼ぎ続けることができる。と僕は感じています。